FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ナツウソ -Ahead of the reminiscence- Campus 体験版 感想、紹介

c888699package.jpg
今回はCampusさんより2016/04/22に発売される、ナツウソ -Ahead of the reminiscence-の体験版をプレイしましたので、紹介と感想を書きたいと思います。

メニュー


製品情報
ブランド Campus定価¥3,000 (税込¥3,240)
発売日2016/04/22メディアDVD-ROM
ジャンルADVJANコード4529904003253
品番-原画りいちゅ、Gユウスケ(SD原画)
シナリオ工藤啓介音楽押上極
アーティストAiRI作詞/作曲Ayumi./折倉俊則
サブジャンル-カテゴリ学園、女子学生、恋愛、部活・サークル
店舗特典情報:

キャラクター紹介


bandicam 2016-04-04 19-03-23-922
主人公と深い因縁を持つツンデレ後輩
和泉 葵 (いずみ あおい) CV:夏野こおり

身長:152cm  体重:41kg  スリーサイズ:B85(C)/ W51/ H80
学年:後期課程1年  血液型:A型
麻保志学園生徒会所属の女の子。 学年は主人公より一つ下。
基本的に素直でまじめかつ融通も利く性格……なのだが、
過去の因縁から主人公には冷たい態度をとっている。
もっとも本質的に嫌っているわけではなく、複雑な乙女心ゆえのものだったり……?
生徒会長の雪華を心から尊敬しており、彼女のような生徒会長になりたいと日々努力を重ねている。


bandicam 2016-04-04 19-37-40-296
嘘で固めた仮面を被っている清楚可憐(?)な学園のアイドル
姫野 桜月 (ひめの さつき) CV:木屋場里絵

身長:158cm  体重:47kg  スリーサイズ:B86(E)/ W55/ H85
学年:後期課程2年  血液型:O型
誰もが認める学園一の美少女。
学園祭で行われるミスコンにおいて、前人未到の 4連覇を成し遂げている。
人当たりの良い明るい性格で、誰に対しても分け隔てなく接する。
そんな容姿も性格も完璧な女の子だが……、それはあくまでも仮の姿。
今春から 猫の手部 に入部。 主人公にアタックを続けるものの、進展は今のところない。


bandicam 2016-04-04 18-51-29-418
主人公に甘えまくるポンコツ系居候ガール
エリス・フォール・カートレット CV:有栖川みや美

身長:162cm  体重:50kg  スリーサイズ:B89(F)/ W54/ H85
学年:後期課程2年  血液型:B型
猫の手部 の部員にして、主人公の部屋に住み着いている居候 兼 相棒。
自由気ままでざっくばらんな性格。 実は格式高い家柄のお嬢様なのだが、
日本のアニメやゲーム、漫画などのサブカルチャーを何よりも愛する重度のオタク。
主人公に甘えまくっており、主人公なしでは生きていけないぐらいのダメっぷり。
春先にとある事情から桜月と一悶着あったものの、今では親友の仲に。


bandicam 2016-04-04 18-53-37-851
ミステリアスな雰囲気を漂わせるカリスマ生徒会長
帝堂 雪華 (ていどう せつか) CV:榊原ゆい

身長:159cm  体重:46kg  スリーサイズ:B87(D)/ W57/ H88
学年:後期課程3年  血液型:AB型
日本でも有数の名家の出身で、生徒会長を務める才女。
その家柄に負けず劣らず、多方面に優れた才能を発揮する完璧超人。
常に柔らかな物腰を崩さず、どこか妖艶でミステリアスな雰囲気を漂わせている。
主人公をいたく気に入っており、顔を合わせる度に生徒会に入らないかと誘うが、
現在に至るまで袖にされ続けている模様。


主人公
櫻井 宗一郎 (さくらい そういちろう)

身長:176cm  体重:65kg  学年:後期課程2年  血液型:A型
素直で言葉を飾らず、建前より本音をズバリ言ってのける真っ直ぐな性格。
“声を聞くことで、その人物が嘘をついているかを見破れる” という能力を持つ。
多くの人間の建前と本音を見てきたので、自分は嘘をつかないことを心に決めている。
現在は能力を得た対価を支払うため、学生からの依頼を解決する “猫の手部” を設立。
エリスと、そして春先に入部した桜月と共に日夜部活動に励んでいる。


下記のプルダウンメニュー(▽キャラクター選択▽)からお好きなキャラクターを選択後、メニューの右側の送信ボタン(紹介文を見る)をクリックすると、テーブル左側に指定のキャラクター紹介文が表示されます。

※ボタンが機能しない場合は、スクロールバーで閲覧可能です。

△メニューに戻る△

ストーリー・紹介・感想
bandicam 2016-04-04 18-47-22-139
ナツウソ -Ahead of the reminiscence-の体験版では、製品版とは少し異なる可能性を含むが、一部のストーリーを抜粋したものをプレイすることができる。前作、ハルウソ -Passing Memories-の続編であり、疎遠になっていた女の子と同衾していたところから始まる。そしてヒロインの一部のHシーンを見ることができる。
bandicam 2016-04-05 22-35-39-511
今作の主人公である櫻井 宗一郎(さくらい そういちろう)は学園から渡された進路調査票に何を書けばいいのか悩んでいた。大学へ行くのが安定なのは分かるものの、結局のところ卒業しても何年かは依頼をこなさなければならない生活が続くのだろう。そう考えると、自分自身の進路というものが考えても意味のないものではないか、と感じてしまうのは当たり前のことなのかもしれない。
「後期課程一年の櫻井宗一郎先輩ですよね」
不意に、幼さを残りながらも強い意志を秘めた声が耳に届いた。
「生徒会所属の和泉葵(いずみ あおい)です。猫の手部の監査をするために派遣されてきました」
宗一郎のいる、猫の手部という依頼を受ける代わりに対価を依頼者へと要求するということが学生の部活動として認められないと言うのだ。猫の手部に依頼してから不幸な目にあった。要求する対価が余りにも酷すぎるという苦情がきたから、といわれたものの何故そうなったのかは大体察しがついている宗一郎。生徒会役員の一人として、このような生徒の声を無視するわけにはいかない。だからこのように監査役としてやってきた葵と宗一郎の出会いは最悪だったと言える。最悪だったものの、それでも宗一郎と葵は互いを認め合って、理解しようとして、近づいて、離れてしまった。離れた理由は単純明快。宗一郎が葵を傷つけてしまったから・・そのことに尽きる。だからこそ宗一郎は彼女の力に、そして彼女の助けになりたい。それがきっと、自分なりの和泉 葵への償いだと信じて。
bandicam 2016-04-05 22-36-25-193
「・・まさか、あの時の事を思い出すとは・・。」
頭が重く、身体全体が長距離走を走り終え、一旦息を整えた後のような疲労感を覚える。ともかく起きなければならない宗一郎は身体を起こそうとすると、1年前に一度だけ訪れた場所、もう二度と訪れることはないと思っていた場所にいた。昨日、一体自分が何をしたのか思い出そうとすると頭を鈍器で殴られたかのような激しい痛みに襲われる。昨日の事について思い出そうとするたびに激しい痛みに襲われる宗一郎の横で、柔らかくて暖かい感触があることに気づき視線を向けると、そこには裸になった葵の姿があった。
bandicam 2016-04-05 22-36-32-793
「んぅ・・せんぱぁいなんて、きらいです・・」
・・これは一体どういう事なんだろうか。葵の部屋にいて、自分も裸、葵も裸。そして葵は宗一郎に抱きつくようにして眠っている。これは夢だ。そうに違いない。というか、そうであってほしい。葵が目を覚ました後は、慌てるように服を着る。互いに何から話せばいいのか分からない状況の中で宗一郎が口を開く。
「それで、その・・昨日、何があったんだ?」
そういうと葵は少し機嫌が悪くなる。昨日の事を思い出そうとすると頭痛がして思い出せないのは事実だ。葵曰く昨日の事は無かった事にしたいんですね。と怒っていて、一体何の事かわからない宗一郎は詳しく聞こうとすると、どうやら宗一郎が葵に何度も中出しをしたとの事だ。中出しと言えば、あの膣内に男性器を挿入して射精するというアレだ。待て待てまて、と宗一郎が慌てる。まさか自分が葵にそんな事をするはずが・・と否定し始めるのだが、葵は「最低です。」と一言。その後は部屋から追い出されてしまった。一体何がどうなっているのか分からないまま、ただただ混乱する宗一郎だった。
bandicam 2016-04-05 22-38-16-101
この世界には表側と裏側がある。そのことを知ったのは、麻保志学園に入学する少し前のことだ。魔法使いや魔導具なんてものは、子供ながらに架空の存在だと信じていた。けど、あの日。宗一郎は願ってしまった。家族の本当の気持ちを知りたい、と。そして一人の魔法使いに出会い、宗一郎の運命は一変した。魔道具・レッドライン。
他人の声を聞くことによって、その人物が嘘をついているかが分かる。そんな能力を発揮できる魔道具。魔法使いによって、宗一郎の体に埋め込まれてしまった人の手に負えないもの。そんなものを人が手に入れたら?答えは簡単。その分の対価を支払わなければならない。レッドラインは魔道具だ。人の体に馴染ませるには魔力が必要になる。しかし人は魔力を生成できない。魔力を保有する技術も知識も無い。本来なら死を待つだけだった宗一郎を、あの魔法使いは見捨てなかった。使い魔を送り、生きる道しるべを指し示した。猫の手部である部室に訪れた宗一郎に挨拶を交わしてきたのは猫のぬいぐるみ、もとい、宗一郎に魔道具を与えてくれた魔法使いの代弁者にて、使い魔。宗一郎の魔道具のメンテナンスをしてくれる大切な役割を担っている。
「兄貴アニキ、その様子だと昨晩は上手くいったみたいっすね。」
昨晩・・?と聞けば、葵の事を話し始めたので、昨晩の事を思い出せない宗一郎は使い魔であるスポークに詳しい事情を聞くことに。
bandicam 2016-04-05 22-39-12-079
あれから葵っちと上手くいったのか気になっているというスポークに、昨日の記憶を思い出そうとすると、激しい頭痛が襲い掛かってくるので原因を聞くと、心当たりがあるのかごそごそ、と棚に手を突っ込み何かの説明書らしき紙を引っ張りだしてきた。そしてそれに目を通していって、しばらく経った後。何か理解したのかスポークが口を開ける。
「その、副作用を抑える薬を渡すのを忘れてまして・・」
聞けば、その副作用が昨日の記憶を思い出そうとすると、頭痛が襲い掛かってくる症状の事だ。これを渡すのを忘れたといわれ、飲めば昨日の記憶を思い出そうとした時、頭痛が襲い掛かってこなくなるらしいので宗一郎は飲んでから昨日の事を思い出そうとする。
bandicam 2016-04-05 22-39-34-663
事は今朝学園に行く前に宗一郎の部屋に住み着いている居候、エリス・フォール・カートレットから始まる。不確定情報ながら、昨日学園内に悪魔が侵入したとの情報があり捕縛にまでは至っていないとのことだった。この学園にはもう一つの顔があり、それは魔法世界、魔法の存在を知っている者たちが、人間世界になれるための箱庭でもある。そのことから教職員及び、生徒の中に魔法世界の住人が少なからず混ざっている。エリスもその中の一人だ。もちろん魔法世界の住人以外は魔法なんてものは漫画やゲームに出てくる創作上のもの・・という認識であることから、この事実を知っている者は自ずと限られていた。授業を終え、部室でメンテナンスや魔導契約書の整理をしていると、葵と出会う宗一郎。
bandicam 2016-04-05 22-39-50-073

気まずい雰囲気の中で葵と会話をしていると、ふと葵の背後に何か黒い物体後ろの草むらの陰で蠢いていた。その正体は蝙蝠だった。ケガをしているようなので放っておくわけにもいかず、街に出て動物病院に連れていこうとするのだが、その蝙蝠は最後の力を振り絞るようにして羽ばたき、そのまま葵の体に触れたかと思えばまるで解けるようにして姿が掻き消えた。周辺を見渡しても、先ほどまでか弱そうに泣き声を発していた蝙蝠の姿は見えない。葵の心配をするが特に問題もなさそうなのでホッとしたが、あれは一体なんだったんだろうかと謎のまま葵と別れて喫茶店に向かう宗一郎。
bandicam 2016-04-05 22-40-20-698
しかし蝙蝠が消えるなんてことがあり得るのだろうか。気になった宗一郎は部室にいるスポークに消えた蝙蝠の話をすると、魔法が絡んでいる可能性がある。宗一郎の方で、そのような事が起こる心当たりみたいなものは無いのかと問われ、エリスが話していた学園内に悪魔が・・という話があった。スポークはその話にもしかしてサキュバスの仕業ではないかという結論に至ったのだが、その理由として、どうやら学園の男子寮で集団夢精が起きて夢精したのにも関わらず下着に精液が付着していなかったというのだ。この現象を起こせるのはサキュバスしかおらず、そのサキュバスというのは悪魔の一種で男にエロい夢を見させて、精気を吸い取るというものだ。それが葵にとり憑いたとなると、命に関わることはないが傷ついた体を治すのに精液が一番効果があるもので、傷ついていた蝙蝠、もといサキュバスは精液を求め行動を始めるとの事だった。
bandicam 2016-04-05 22-40-53-074
大体1日ぐらいでその人間の精神を支配することから、1日後に葵は男なら誰でもいいから股を開き精液を求めるようになってしまうのだ。何とかしてサキュバスを体から追い出す方法は。スポークは宗一郎の問いに2つの方法があると答え、一つは宿主を殺すこと。これは論外だ。二つ目は、性的快楽を与えながら、膣内に体力が回復される量の精液を注ぎ込むことだという。ひとつめの方法が論外。そしてふたつめの方法も論外と言いたいところだが、そういう訳にもいかない。何故なら、今回の件は自分の責任でもある。宗一郎があの場で蝙蝠を見つけなければ、葵に被害は及ばなかったのだから。スポークに2つ目の方法を選ぶことを伝えると、こんなときの為にといって「ビックマグナム」という超強力精力剤を手渡される。今回ばかりはありがたく使わせてもらい、さっそく葵を見つけに部室を出る。
bandicam 2016-04-05 22-41-15-063
葵が帰宅した事を知ってはそのまま向かって、今は葵の部屋にいるのだが、どう切り出せばいいのか悩みながらも、ストレートに「抱かせて欲しい」と真剣に、真面目に伝えた。葵を助けるためで、全てを説明できればいいのだが葵を混乱させるだけだろうと判断した結果だ。何より時間もなかった。手短に実は葵の体内にサキュバスが入り込んで、それを追い出すために膣内射精を何度もしなければならない。なんていった時には不思議なものを見るような目で病院にいくことをオススメするなんていわれたものだ。それでも許可をもらえた事は何より幸いな事で、宗一郎は朝まで葵と肌を重ねる事に。
bandicam 2016-04-05 22-41-27-905
それからというもの、葵の体内からは蝙蝠が飛び去っていき、なんとかサキュバスに支配されることを阻止できた。しかし何度も射精を繰り返したことから視界がぼやけて、思わずバランスを崩してしまう。そしてそのまま倒れこむようにして意識を失った・・・。
というのが昨日起きた出来事だ。前日に体の関係を結んでおきながら、朝になって昨日のことを「無かった」ことに扱っていればそれは葵も怒る訳で。客観的に見れば、男として最悪な事をしてしまった宗一郎はスポークを半殺しにした後、葵のいる部屋に向かった。朝の事を起こっているのか不審者扱いをやめない葵に、宗一郎は謝罪する。朝の事で話しがしたいから部屋をあけてくれないかと頼むと、扉をあけてくれた。葵の部屋に通され、テーブルを挟んで向かい合ってからきちんとこれまで自分が行ったことを話すと「今回の事は許してあげます」と許しを貰えたのだった。
bandicam 2016-04-04 19-15-56-941
後の体験版ストーリーでは葵や周りのヒロインたちの4人で学園生活を過ごすことになります。真面目であるが故に責任感も強く、時々くじけそうになりながらもそれを近くで主人公である宗一郎が支えるようなこともあったり、事が一段落すれば葵がデレデレになるという実に可愛らしいやり取りを見ることができます。

  プレイ画像  
bandicam 2016-04-05 22-42-56-526bandicam 2016-04-05 22-43-10-599bandicam 2016-04-05 22-43-22-068bandicam 2016-04-05 22-43-34-236bandicam 2016-04-05 22-43-54-842bandicam 2016-04-05 22-44-13-133bandicam 2016-04-05 22-44-19-540bandicam 2016-04-05 22-44-34-740bandicam 2016-04-05 22-45-17-087bandicam 2016-04-05 22-45-34-093bandicam 2016-04-05 22-45-46-008bandicam 2016-04-05 22-46-04-078bandicam 2016-04-05 22-46-19-752bandicam 2016-04-05 22-46-31-534

   感想    
1タイトル1ヒロイン
前作、ハルウソ -Passing Memories-でメインヒロインとなった学園のアイドル、姫野 桜月 (ひめの さつき)さんのように、今作のナツウソでのメインヒロインは前作でも登場した和泉 葵 (いずみ あおい)さんとなっている。きちんと人を許せることができたり、しっかりとした子だからこそ、いざデレるときはちょっとしたギャップ萌えを感じるメインヒロイン。1タイトル1ヒロインという初めて見る試みに何だか胸躍らせてしまいます。この調子だと後2タイトルは出ると見てもいいのでしょうか。次はアキウソになるのだろうか・・。
何にせよ夏ということで、ハルウソとナツウソの時を制服のデザインをよく見ると、気づいた方もいると思いますが夏服に変わっています。同じ舞台で物語が進行していることをより実感できるので、ここら辺きちんとしているのは素晴らしいですね。
キャラクターのセリフのテキストについてもそうですが、よく他のタイトルだと横一列にアイコンを並べて縦の長さを削りながらも表示しているところが多いですが、それだと若干キャラを見せる為にテキストのサイズを小さくしなければならないわけです。が、このタイトルでは右端に綺麗に並べて横幅を取るように設置してあるので、テキストをより大きく表示する事が出来る故に、かなり文字が見やすい様になっています。いいアイコンの置き方ですね。
肝心の葵さん以外のヒロインのやり取りも、何処と無く主人公に気がある事をアピールしている積極的な所があるので、他のヒロインとの会話でも十分ニヤニヤできます。
Hシーンは葵さん以外無さそうですが、それだけ大量にHシーンがあると思えば結構嬉しいことかもしれません。高価格で何人ものヒロインを攻略というのとは正反対で、低価格で一人のヒロインのルートをじっくりプレイしたい!という人にはオススメかもしれないです。
以上で感想を終わります。ありがとうございました。
もしよろしければ、お手数をおかけしますが、最後に1クリックお願いします。(下のFC2バナー)


△メニューに戻る△

改善して欲しい箇所
ありません。

△メニューに戻る△

Hシーン(体験版)
bandicam 2016-04-04 19-04-43-700bandicam 2016-04-04 19-05-07-491bandicam 2016-04-04 19-05-35-389bandicam 2016-04-04 19-05-40-046bandicam 2016-04-04 19-05-45-517bandicam 2016-04-04 19-06-50-634bandicam 2016-04-04 19-07-46-717bandicam 2016-04-04 19-33-41-360bandicam 2016-04-04 19-34-00-704bandicam 2016-04-04 19-35-15-559bandicam 2016-04-04 19-35-38-674bandicam 2016-04-04 19-35-47-968bandicam 2016-04-04 19-36-52-274bandicam 2016-04-04 19-36-24-378
公式サイトギャラリー ※左のリンクをクリックすると、公式サイトのギャラリーページに飛びます。

△メニューに戻る△

タイトル画面・設定画面
bandicam 2016-04-04 18-47-22-139bandicam 2016-04-04 18-47-26-328bandicam 2016-04-04 18-47-31-528bandicam 2016-04-04 18-47-33-158bandicam 2016-04-04 18-47-34-732

△メニューに戻る△

SD画像
bandicam 2016-04-04 18-51-19-813bandicam 2016-04-04 18-56-45-780bandicam 2016-04-04 19-12-14-053bandicam 2016-04-04 19-13-54-852

△メニューに戻る△

背景画像
bandicam 2016-04-04 18-48-25-865bandicam 2016-04-04 18-48-13-845bandicam 2016-04-04 18-49-59-614bandicam 2016-04-04 18-51-43-751bandicam 2016-04-04 18-53-19-953bandicam 2016-04-04 18-54-21-750bandicam 2016-04-04 18-55-18-848bandicam 2016-04-04 18-55-50-222bandicam 2016-04-04 18-56-27-638bandicam 2016-04-04 18-54-25-522bandicam 2016-04-04 18-59-09-472bandicam 2016-04-04 18-56-56-446bandicam 2016-04-04 19-14-52-684bandicam 2016-04-04 19-17-14-318

△メニューに戻る△

Twitterアカウント(公式・関係者)


ナツウソ-Ahead of the reminiscence-

△メニューに戻る△

ゲーム購入リンク

△メニューに戻る△

関連記事
コメントの投稿
非公開コメント

相互RSS
検索フォーム
最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
RSSリンクの表示
お勧めのエロゲレビュー、攻略ブログ。
EroticGamingZone
同人含む各エロゲーメーカーのタイトルを綺麗にまとめて、できるだけ見やすいように工夫している攻略ブログ。

GameLeader
一般、エロゲ、乙女、BL、攻略ブログなど、多数の感想、攻略記事を一まとめに掲載し、お望みのタイトルについて知りたい事があるならば、まずここに。
その他感想・レビューブログ
酒とエロ漫画の日々。 2016/5/7・・・成人向けエロ漫画(雑誌)関連の感想・レビュー記事投稿数は2300件超え。新刊のエロ漫画のレビューも多め。その一つ一つの記事が1500字を超える長文でありながら更新頻度はほぼ毎日というこれ以上のエロ漫画感想ブログは見た事がないというレベルの成人向けエロ漫画(雑誌)感想ブログ。
お問い合わせ
閲覧数

アクセスランキング
[ジャンルランキング]
アダルト
5710位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
画像
624位
アクセスランキングを見る>>
最新コメント
リンク
QRコード
QR
広告
同人誌、同人ゲーム、同人ソフトのダウンロードショップ - DLsite.com
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。