FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ワガママハイスペック まどそふと 体験版プレイ 画像有 感想&紹介





c860734package.jpg
今回は2016/4/28に発売するまどそふとさんより新作、ワガママハイスペックの体験版をプレイしましたので、紹介と感想を書きたいと思います。

タイトル画面&設定画面
体験版ストーリー
キャラクター紹介
ちょこっとエピソード
SD画
背景画
Hシーン
感想
Twitter公式アカウント(関係者)
商品購入リンク

製品情報
ブランドまどそふと定価¥8,800 (税込¥9,504)
発売日2016/04/28メディアDVD-ROM
ジャンル才能豊かなヒロイン達と送る生徒会系学園恋愛コメディJANコード4520424271375
品番MADO-0003原画宇都宮つみれ、ななてる(SD原画)
シナリオもじゃすびい、陸奥竜介、にっし~、葉山こよーて、はと音楽-
アーティスト大島はるな作詞/作曲-
サブジャンルアドベンチャーカテゴリ学園、女子学生、ラブコメ
2016/1/6 特典情報更新
店舗特典情報:ワガママハイスペック



タイトル画面&設定画面


bandicam 2016-01-04 20-22-49-998
bandicam 2016-01-04 20-22-53-248
bandicam 2016-01-04 20-22-54-774
bandicam 2016-01-04 20-22-56-524
bandicam 2016-01-04 20-22-58-252
bandicam 2016-01-04 20-23-00-222

メニューに戻る


ストーリー


学生でありながら、とある週刊誌で連載を持つマンガ原作者の主人公・鳴海幸樹。
だいぶエッチなラブコメを書いている手前、周囲にはマンガのことを打ち明けておらず、
この事実を知っているのは妹の 兎亜(とあ) と、その友人の 未尋(みひろ) だけ。
ある日、ひょんなことから生徒会長の 鹿苑寺かおるこ が、自分のマンガの作画担当であることが発覚。
ちょうど男子役員を探していた会長から生徒会加入を打診され、
隠し事がある手前断り切れず、マンガのことを内緒にするという約束で役員になるのであった。
しかし、主人公の事情を知らない副会長・アーシェ は役員入りに猛反対。
さらにそんな中、学生たちからの依頼やトラブルが舞い込み……。

メニューに戻る


キャラクター紹介


bandicam 2016-01-04 23-30-19-146
メイン 完璧生徒会長だけど、実はエロに定評のあるイラストレーター
鹿苑寺 かおるこ (ろくおんじ かおるこ) CV:桜乃ひよ

パラメーター: おっぱい 9 / 頭脳 9 / 甘やかし度 10 / イラスト ∞ / ギャグセンス 1
学園の三年生で、学生や教師からも信頼が厚い生徒会長。
常にトップの成績、凛とした姿勢や態度、別け隔てなく接する人当たりのよさを持っている。
裏では “しかくん” というハンドルネームのイラストレーターとして活動しており、
人気ライトノベルの挿絵もいくつか担当するなど、なかなかの売れっ子。
主人公とコンビで週刊誌の連載を持っているが、面識はなく同じ学園生だとは知らなかった。
実家は裕福で、祖父は地元の名士。 家の名に恥じぬよう両親に厳しく躾けられてきた。
その反動から、偶然触れたマンガやアニメにのめり込み、オタクになる。
時折 反応に困るおやじギャグを会話に挟み、周囲を困らせることも。


bandicam 2016-01-04 23-33-00-465
メイン 天才プログラマーで、楽して稼ぐことを目標に引き篭もっているぐーたら妹
鳴海 兎亜 (なるみ とあ) CV:小松アン

パラメーター: おっぱい 3 / 頭脳 8 / 怠ける努力 ∞ / 体力 1 / プログラミング 10
主人公の実妹で学園の一年生。 だらけるのが大好きで面倒くさがり。 日光が敵。
基本的には部屋にこもり、アニメを見ながらネットサーフィンやゲームをしていることが多い。
人付き合いは苦手というより必要性を感じられず、初対面の相手はとりあえず兄にぶん投げる。
プログラミングが得意で、不労所得のため宝くじの予測プログラムやスマホアプリなどを制作。
実際に暇つぶしに作ったスマホアプリが大ヒットし、莫大な収益を生んでいる。
数少ない会話相手である兄と未尋が生徒会に入ったので、自分もなんとなく生徒会に入り会計を担当している。
兄のことを心から慕ってはいるが、態度は冷たい。


bandicam 2016-01-04 23-37-41-443
メイン まじめで負けず嫌い、作曲家を志すツンデレ副会長
桜木・ルーフォレット・アーシェ (さくらぎ・―・―) CV:桜あいね

主人公と同学年で生徒会の副会長。 正義感が強く、曲がったことが嫌い。
まじめで律儀な性格で、負けず嫌いの努力家。
ほぼ全ての教科で学年トップだが、国語系だけ主人公に負けて密かにライバル視している。
世界的なピアニストの母と元バイオリニストの父を持つ。
両親は世界各地を飛び回っているため、現在は広いマンションで一人暮らし。
ピアニストとして国内のコンクールで優勝した経験を持つが、現在は作曲家を志している。
生徒会に入ったのも、作曲家になるために色々な人生経験をすべきという母の助言から。
食べることが好きで、かなりの大食い。 庶民的な料理を好み、丼ものが好物。
お金持ちの家系にも関わらず高級フレンチなどを食べるとお腹を壊す。


bandicam 2016-01-04 23-24-42-194
メイン 卓越した料理の才能を持つが小悪魔な後輩
宮瀬 未尋 (みやせ みひろ) CV:白咲葵依

パラメーター: おっぱい 10 / 頭脳 8 / 料理 10 / 動物愛され度 ∞ / 詰めの甘さ 8
主人公の後輩で兎亜の親友。 老舗の洋食屋の看板娘。
基本的に何でもできる天才気質だが、必要に駆られないとやる気を出さない。
そのため成績も良くなかったが、兎亜や主人公と同じ学園に通うため一念発起。
猛勉強した結果、やり過ぎて主席合格してしまい、生徒会に勧誘されることになる。
動物が苦手だが懐かれやすい体質で、歩くと後ろに犬や猫が列を作って追い掛けてくる。
たまにアヒルなどのレアキャラがいることも。
先輩と呼ぶのは主人公のことだけ。 本人なりのこだわりがあるらしい。


メイン 主人公
鳴海 幸樹 (なるみ こうき)

学生でありながら、エロ押しのハーレムラブコメマンガを週刊誌で連載している原作者。
温厚で素直、かつ面倒見の良い性格をしているが、一番近かったから という理由で学園を選ぶなど いいかげんな一面も。
現在はワケあって妹と二人暮らし。 家事はすべて主人公が行っている。
かつて足をケガをした際になんとなく挑戦した小説執筆が創作活動の始まり。
執筆は趣味でネット上にアップしていただけだったが、今の担当編集からマンガの原作に興味はないかと誘われマンガの道へ。


bandicam 2016-01-04 23-41-59-367
サブ 四月一日 奏恋(わたぬき かれん) CV:水羽 良子
主人公のクラスの学級委員長。
自分が美少女であることは自覚しており、甘え上手で打算的な所がある。
外見や雰囲気から遊んでそうなイメージを持たれがちだが、委員長に加え演劇部の副部長を務めるなど責任感は強い。


bandicam 2016-01-06 00-07-19-036
サブ 鷹司 千歳(たかつか ちとせ) CV:銀乃ころも
主人公の担当編集。
無愛想かつさばさばとした性格で、冷たい物言いが特徴的。
期待の裏返しから、批評は辛口でストレート。
主人公はよくヘコまされている。


bandicam 2016-01-04 23-25-37-843
サブ 岩隈 縁(いわくま ゆかり) CV:かわしまりの
主人公のクラス担任で社会科担当。
元ヤンという教師には似つかわしくない経歴の持ち主だが、面倒見のよさから生徒からの評判はいい。
出会いがないままいい歳になってしまい焦っているが、本人もどうしていいかわからず密かに悩んでいる。


bandicam 2016-01-04 23-45-39-459
サブ 佐藤 虎太郎(さとう こたろう) CV:木谷かずさ
一年生で兎亜や未尋と同じクラス。
小柄で華奢な身体つきに可愛らしい顔立ちから、どこからどう見ても美少女にしか見えないがれっきとした男の子。
とある一件から主人公に信頼を寄せるようになる。


bandicam 2016-01-04 23-25-22-543
サブ 猪狩 雅人(いかり まさと) CV:木島 宇太
主人公の友人で金次郎の幼馴染。
顔良し、性格良し、成績優秀でスポーツ万能と、何拍子も揃っているため女子にモテる。
だが本人は太ましい女性が好みで、こだわりも強いことから彼女ができたことはない。


bandicam 2016-01-04 23-26-02-186
サブ 沙流川 金次郎(さるかわ きんじろう) CV:小浦良司
主人公の友人で雅人の幼馴染。
男子部という謎の部活の部長を務めているが、活動内容を本人もよく理解していない。
ハーレムを築くべく桜翠に入学したがうまくいかず、理想と現実のギャップに苦しんでいる。



メニューに戻る


ちょこっとエピソード


bandicam 2016-01-04 21-07-37-377
bandicam 2016-01-04 21-07-40-419
bandicam 2016-01-04 21-07-42-351
ブラックアウト
主人公である鳴海 幸樹 (なるみ こうき)は耳慣れない不吉な音と共に真っ暗になる画面をただ見ては、どうしたのかと思いきや、ああパソコンのケーブルが外れたんだろう。そう思って各ケーブルを確認するのだが現実は非情なり。とでも言うべきだろうか、ありとあらゆる所を確認し、再度電源ボタンを入れてもパソコンは、うんともすんとも言わずにシーンとしたままであった。
主人公の担当編集者である鷹司 千歳(たかつか ちとせ)との会話を思い出し、締め切りを度々守れずに苦しい言い訳をしていたという事実と共に、今週の締め切りが明日の夕方でありながら、今週は大丈夫です!なんて言ってたことを再度思い出すのだが、寝食を犠牲にしてPCの前で格闘すること約半日、ようやくプロットを完成させたのが5分前、そしてデータを保存し、メールを送信しようとしたのが4分前。だが、そのメールは送信されることはなく、今に至るのであった。
思わず幸樹は発狂してしまうのだが、どうしたものか・・そう考えていると、この状況、すなわちパソコンを直すことができるであろう人物を思い出し、その人の場所まで向かうのである。

ちょいレビュー
今まで散々嘘ついて言い訳をしてきたことのツケがきてしまったというべきでしょうか。普段嘘ついてる人が今度は本当なんだ!信じてくれ!と他の人に言ったところで信じてもらえるかどうか疑わしいものですしね。今回は主人公も流石に何とかしたいという思いで行動を始めるので、そこは素直に良いなぁと思いますね。


bandicam 2016-01-04 21-08-34-209
bandicam 2016-01-04 21-13-00-109bandicam 2016-01-05 16-11-52-252
二人の天才
幸樹は兎亜、と大きな声で叫んでは、その兎亜という寝巻き姿の女の子が返事をする。「うるさいし」と一言、幸樹の大きな声を聞いてつぶやく。鳴海 兎亜 (なるみ とあ)は主人公、幸樹の妹でありながら今現在ゲームをプレイするだけでなく、自らゲームアプリを開発するなど、自他ともに認める重度のゲーム好きである。幸樹とは違い兎亜は機械系に詳しいので、あのパソコンをなんとかできるとしたらこいつしかいない。そう思い一向に画面から視線を外そうとしない兎亜に、パソコンが動かなくなったこと、メールを送信できていないこと、締め切りが今日の夕方であることを伝える。
兎亜は「なるほどね。」と呟き、幸樹は手伝ってくれるんだろうか。と思いきや、動きたくない、忙しい。と言われてしまい、幸樹の頼みを断られてしまう。部屋まで引きずってってやるから頼む。と頼んでいると、兎亜の隣で一緒に寝巻き姿でゲームをしている女の子が会話に入ってくる。
「そこはお姫様抱っこじゃないんですか?」
そう一言つぶやく。やる気を出してくれるなら、抱っこでもおんぶでもするさ。ていうか、未尋も説得するのを手伝ってくれと頼むのだが、先輩にあたる幸樹の困り顔を活力に、今日も1日頑張るんですから。そういって、やんわり断られてしまう。ああ言えば、こう言う。という幸樹を舐めた態度でからかうこの女の子は、宮瀬 未尋 (みやせ みひろ)。兎亜の一番の親友であるのだが、何故か主人公である幸樹に対する態度だけは、いつもこういう風にからかったりと、幸樹を困らせたりするのである。
二人のめんどくさがり屋な女の子から、容赦ない仕打ちを受けた幸樹は顔を背けて泣き真似(半分涙目)をすると、仕方ないという感じで兎亜が折れてくれた。
「・・・しょうがないな。5分だけだからね」
そう言われてウキウキしている幸樹は部屋から出ようとすると、兎亜が幸樹の袖口を掴む。
「・・・抱っこ」
少し恥じらいを持ちながら幸樹に伝えて、冗談のつもりであったが、これくらいでやってくれるなら全然いいけど。そう思って幸樹は
兎亜を抱きかかえる。未尋はそんな二人の姿を見て、空いている幸樹の背中にしがみつくのであった。
パソコンを見てもらうも、ダメだね。兎亜の残酷な一言。なんとかならないのだろうか、とありとあらゆる手段を兎亜に聞くも駄目だといわれてしまい、兎亜ですら駄目なら諦めよう、そして新たな打開策を考えよう。そう思う幸樹であった。
幸樹は兎亜に朝からこんな事させて悪かったな。と謝り、別に、いい。と一言で返す兎亜。一段落した所で朝ごはんでも食べるか。そう幸樹が言うと、未尋が何かを思い出したかのようで、そういえば今日、先生に早く来るように言われてたのを思い出したと言い始める。10分後にはもう制服に着替えて焼きたてのパンを口にくわえて、玄関で靴を履く未尋。だがしゃがみこんだまなかなか立ち上がらず、手こずっているのかと思い、視線を落とすと、スカートがいい感じにまくれ、ピンクのパンツががっつり見える状態になっていた。指摘すべきか迷った末に、未尋にいう事にした。
幸樹「えっと、パンツ見えてるぞ」
未尋「はい。・・・見えてるのではなく、見せてるとしたらどうです?」
そこまでして困らせたいか。そんなやりとりを再び行っては、いつの間にか未尋は無事靴を履き終え立ち上がる。
未尋「それじゃああらためて、行ってきますね~」
焼き上がったパンを口にくわえ直すと、未尋は元気よく飛び出して言った。

ちょいレビュー
若気の至りというべきか、よくオールできるなと思います。未尋さんと兎亜さんは基本的に有能な人でして、各プロフィールを見てもらえれば分かるのですが、兎亜さんはプログラミングが得意であり、宝くじの予測プログラムやスマホアプリなど一人で製作し、そのアプリが大ヒットし、莫大な収益を生んでいたりと学生ながら既に一人暮らしができるんじゃないかなぁと思えるほど、金を稼ぐ才能がありますね。そしてこの寝巻きシーンでは普段は幸樹に冷たい態度で接するけど、どうしても・・と頼み込まれるとそれを受けてくれる優しい子でもあります。個人的には抱っこ・・が一番グッときましたね。未尋さんに関しては基本なんでも出来る天才気質ということで、主人公達と同じ学園に通うために猛勉強した結果、主席合格してしまうなど、一度熱中したらその道のプロと言えるほどの才能があります。主人公に対しては基本的にからかったりするなど、人によっては何なんだこの子・・と思ってしまうかもしれませんが、個人的にその問題はストーリーを続けていくと慣れたりするので、ああ、こうやって主人公と一緒に会話しようとしているんだな。という所まで察することができれば恐らくもう問題ないでしょう。後はただただその行為が可愛く見えます。


bandicam 2016-01-04 23-25-18-817
桜翠学園
桜翠学園。それが幸樹と兎亜。そして未尋が通う学園の名前。元は女子校であり、幸樹が入学する前、つまり去年から共学化したため、少ないながら男子もいるのである。近所だったから進学先に選んだだけで、モテそうだったからとか不純な動機ではない・・・というのも全くなかったと言ったらウソになるのだが、そんな希望も三ヶ月もしたら綺麗さっぱり消え失せるといった、学園での厳しい現実が幸樹に突きつけられるのである。

ちょいレビュー
この学園では、サブキャラクターとして猪狩 雅人(いかり まさと)さん。岩隈 縁(いわくま ゆかり)さん。佐藤 虎太郎(さとう こたろう)さん。沙流川 金次郎(さるかわ きんじろう)さんが登場する。主にメインキャラクターとサブキャラクター同士が集まっての会話をするシーンが多かったなと思います。メインでは萌え、サブでは平和で、のんびり。といった感じのキャラ同士のやり取りを見ることができました。


bandicam 2016-01-04 23-26-18-909
生徒会の会長&副会長
HRも終わり、担任である緑にクラス全員、体育館に集合するように。と言われて行った先の全校集会で現れた生徒会の会長である鹿苑寺 かおるこ (ろくおんじ かおるこ)さん。そして副会長の桜木・ルーフォレット・アーシェ (さくらぎ・―・―)さん。司会の紹介と同時に、それまで無駄話に花を咲かせていた生徒たちの視線が、一斉に壇上へと向けられる。新入生への挨拶をするも、あまりにも美人なので、綺麗よね。とつぶやく人もいる程である。会長の挨拶が終わり、次に副会長が軽い咳払いを挟み、副会長がマイクに口を寄せて、挨拶を始める。同じようにその美しさに溜息する女子生徒がいる程であった。

ちょいレビュー
こうして改めてこの新入生への挨拶を見てみると、後の主人公である幸樹くんとの会話と比べて、本当にこの会長と副会長・・だったのか?という変化のあるシーンがあるくらいなので、ちょっとしたギャップ萌え気分で見れますね。


bandicam 2016-01-04 23-29-47-356
bandicam 2016-01-04 23-31-22-917
メモ帳
幸樹はブリーフケースを手に取り、図書室へ向かって作業を始める。そして30分かけて昼休みの大半を生贄に捧げ、召喚に成功したプロップを前に、喜びのため息を漏れた。何度か見直しても特に問題もなさそうだし、これなら鷹司さんも納得・・してくれるといいなぁ。そう思う幸樹は寝不足のダメージが、安心したことによって一気にきたんだろうか、まぶたが異常に重くなり、視界も霞み始めてくる。気づけば寝ており、鳴り響くチャイムの音をきっかけに、意識が覚醒する。しかし同時に感じる違和感。その原因を探るべく、中腰のまま、辺りを見渡すと誰も居ない・・。嫌な予感がして、ゆっくりと首を時計のある方角へと向けると、さっきのチャイムが本鈴であることを知る。急いで人通りのない廊下を全速力で駆け抜け、大して走ってもいないのに軽く息が上がって運動不足を実感させられる。曲がり角で思わず他の男子生徒と肩がぶつかってしまったりしたものの、謝ろうとした先に誰もおらず相手も急いでいたのだろうと思った幸樹は、とにかく急ごうとその場を後にする。
幸樹が走り去ったあとに、その場に生徒会長である、かおるこが廊下に落ちているメモ帳を拾うのであった。
放課後。幸樹の物であったメモ帳を無くした事に気づいては急いで落としたであろうとされる場所を探し回るのだが、どこにもなく諦めかけていると、校内放送でかおるこが、青い表紙のメモ帳を落とした方。生徒会で預かっていますので、心あたりのある方は、生徒会室まで取りに来てください。そう言ってぶつりという音と共に放送が切れる。
生徒会室まで取りに行き、ノックをして室内に入ってはかおるこに、メモ帳の持ち主は俺です。と名乗り上げては、何故か驚くかおるこ。
一つ、聞いてもいいかな?とかおるこに言われては、幸樹は、はい。と返事をすると、
「意外なことにキミって男、だよね?」
と変なことを聞かれるのである。ただ、持ち主は女の子だとばかり思っていたからつい・・そう話すかおるこ。
落としてあった場所を聞くと、幸樹が男子生徒と肩がぶつかった場所に落としてあったという事で納得する幸樹。
しかし何故持ち主不明の落し物を放送したのか?という事をかおるこに問うと、私もこれがただの落し物だったら、先生に届けたと思う。その言い方からして、このメモ帳が会長にとってただらなぬ落し物だということになるわけで。そう思う幸樹であるが、かおるこが話を続ける。
名前が書いてなかったから、手がかりはないかと思って、少し中を見させてもらった。ということでがっつり中を見られたようだった。いけないことだとわかってたのに、勝手に見ちゃってごめんなさい。と謝るかおるこ。謝らないでください、むしろ謝らないといけないのは俺の方で・・。そう幸樹は言うのだが・・しかしメモ帳には大分ハレンチな事が書いてあるというのに。変態扱いされても仕方のない内容。
しかし、えっちな事がたくさん書いてあるからと言っても会長であるかおるこは、幸樹を変な目で見ることもなくむしろ、面白かった。とメモ帳に書いてあるマンガのネタやらハレンチな内容を見た上でそう言った。
「すっごく面白かったの!私の脳内でセリフが再生されて、あの時のネタはここから膨らませたんだな~とか、このネタは面白いにまだ使ってないな~とか。だから変なものじゃないよ。もしそうなんだとしたら、面白いと思った私までへんな人になっちゃう。でしょ?」
笑顔でそういった。
幸樹は、メモ帳に書いてある内容がなんなのか、会長に説明した覚えがないんですけど・・。と聞くと説明なんてなくても、最初の数ページを読んだだけですぐに分かったよ。これがマンガのネタ長だっていうことも、その持ち主であるキミの正体も。かおるこはそう言った。
ずばり言い当てられ、とっさのいい訳もできず、口からは変な空気が漏れた幸樹であったが、下校を促すチャイムがなると、かおるこが、
「すっかり話し込んじゃったね。この後キミ・・・えっと、そういえば名前まだ聞いてなかったね。教えてもらってもいいかな?」
そう言われて、幸樹は自分の名前を教えては、明日のお昼、お話がしたいとかおるこからお願いをされては、はい。と答える幸樹。
「それじゃあまた明日ね」
有無を言わせぬその言葉に従い、幸樹は妙な面持ちで生徒会室を後にするのであった。

ちょいレビュー
かおるこさんとの初会話ということで、まさかまさかの下ネタ耐性に加え、それなりにマンガのネタも知っているということで、更には美人ときたものです。主人公である幸樹くん的には、もし誰かと付き合うならば、この子が良いのではないだろうか。と思ってしまうほどの理解ある女の子ですし、今のところ非の打ち所のない女子となっている。さすがメインキャラクターと言いたいですね。


bandicam 2016-01-04 23-33-51-801
ラッキースケベ
生徒会長であるかおるこさんと、お話をすると約束した幸樹は、時間になってはきちんと生徒会室まで来たのだが、これからの事を考えると足取りが重くなっていく。しかし、ここでうじうじ考えていても仕方がないと思った幸樹は、生徒会室のドアを開ける。
「・・・え?」
「あれ・・・」
目の前には、呆気にとられた様子の副会長。しかも何故か下着姿で固まっているのである。副会長の目がぐるぐると回り始め、状況が飲み込めず、混乱しているようだったが、副会長が大きく息を吸ったかと思うと、
「きゃああああああぁぁぁぁあああっ!!」
「おわぁあああああああああぁ!!」
思わず、デカい声で叫ぶ副会長に驚いて、幸樹も叫んでしまった。
変態、覗き魔、えーと、変態!と言われてしまい、変態ということだけは認める幸樹。そして、
「ま、待て、落ち着こう。本当に覗きなら、正面から入るなんて愚行を行うはずがないだろ?」
「確かにそうね・・・」
副会長であるアーシェは幸樹の言葉に納得する・・かと思いきや幸樹の余計な一言が状況を悪化させる。
「じゃあ、その胸の大きさと同じように大きい心で、このことは許してくれないか?」
幸樹は一瞬で地雷を踏んだと理解した。出て行けぇええ!と大きな声で言われてしまい。我ながら驚くべきスピードで廊下へと避難し、壁に背を預けて大きく息をついた。
ついに俺もマンガの主人公のようなラッキースケベを体験してしまった。ここでハレンチの達人なら、転んだ拍子に下着を脱がせて、おっぱいに顔をうずめるくらいのことは余裕なんだろうけど・・。
そして生徒会室から出てきたアーシェは、幸樹を見つけては、この書類にサインをしてくれたら許してあげるということで見てみると「退学届」と書いてあった。初めて求められたサインがこれか。泣けてくるなぁ・・。幸樹はそう思った。
そして通りかかった生徒会長であるかおるこにより、この場は一旦収まったのである。

ちょいレビュー
副会長である桜木・ルーフォレット・アーシェ (さくらぎ・―・―)さんとの初会話。うっかり、ちょっと抜けてる、ドジっ娘のような所もありながらツンデレ要素も兼ね備えたメインキャラクターの一人である。今後、幸樹と仲良くなるシーンがあるとしたらそれはちょっとしたミスを幸樹に救って惚れるパターンか、幸樹の優しさにちょっとずつデレ始めるパターンか、行き過ぎた幸樹への発言、行動を機に態度改めるとか、そういう形になりそうな女の子ですね。何にせよ可愛いのですが、ちょっと今後この女の子が泣きそうな場面があるんじゃないかな・・と心配にもなる行動力でございます。やり過ぎな所が見受けられるので、この冗談が通じなくなるともしかして・・ってな感じですかね。


bandicam 2016-01-05 21-48-43-663
かおるこの裏の顔
幸樹とお話がしたい。ということで、いざ会話をするとメモ帳から全てを察したかおるこは、幸樹くんが「いもさらだ」先生なんだよね?と言われてしまい、そして次には昨日、鷹司さんに渡したはずのプロットを何故かかおるこが持っており、鷹司さんと俺しかもっていないはずなのにどうして・・と考えているとかおるこが、
「一番最後のページを見てみて」
そういうので捲ってみると、
「昨日の今日だからラフしかないけど、私のイメージはこんな感じかなって。せっかくいもさらだ先生に会えるんだから、直接意見を聞きたいなって思うんだけど、どうかな?」
・・・黒髪ロングで清楚感を出しつつ、目元はどこか勝気な雰囲気を漂わせていて。華奢で儚げなのに肉質的で、年頃の女の子の魅力が溢れんばかりに表現されている。
説明されなくてもわかる。
そこに描かれていたのは、間違いなく昨日打ち合わせたばかりの新キャラだった。なんで会長がこのキャラのことを・・・。
いや、それよりもイラストのクオリティの高さだ。まるで本物のしかくんのような、というより本物としか思えない程に洗練されている。加えて、メモ帳の件と俺と鷹司さんしかもっていないはずのプロットを持っていたということ。もし、このイラストを本当に会長が描いたんだとすれば・・・。
「・・正直、頷かれてもまだどっかで疑っちゃうと思うんですけど。会長ってもしかして・・・」
「・・・そうだよ」
ってことはやっぱり・・。
「私がしかくん。幸樹くんの・・・ううん、いもさらだ先生のパートナーって言えばいいのかな」
エロ押しのハーレムラブコメマンガを週刊誌で連載している原作者の幸樹とコンビで週刊誌の連載を持っているのだが、面識がなく同じ学生であるとすら知らなかった幸樹にしてみれば、衝撃の事実であった。
そしてこの後、かおるこから幸樹にお願いがあり、共学化したのに生徒会に男子の役員がいないというのもどうなのかな。ということで、生徒会に入らない?と誘われ、それを受ける幸樹であった。

ちょいレビュー
こんな事があっていいんだろうか・・と思えるほどの運命の出会いではないでしょうか。もし仮にメモ帳を幸樹くんが落としていなかったらこの物語はなかった・・と考えると時に自分を知ってもらう為、受け入れてもらう為には身を投げ出す覚悟で、一度自分の全て晒して見よう!というような、いい教訓になったような気がします。羨ましいですね。本当。


bandicam 2016-01-04 23-37-53-346
bandicam 2016-01-05 22-33-29-306
bandicam 2016-01-04 23-39-08-287
犬探し
生徒会のメンバーとなった幸樹は、さっそくクラスの担任であり、生徒会顧問である岩隈 縁(いわくま ゆかり)に捕まってしまい、暇そうである事を理由に、犬探しを命じられる。副会長のアーシェも同行していたのだが、どうやら用事があるらしく一人でお願い。他の仕事が終わったら合流するわ。とのことで幸樹のみで探すことに。とりあえず聞き込みをしながら学園内に迷い込んだ犬を探しているも、校舎の周りを探したり、グラウンドで部活動をしていた運動部の連中に聞いてもそれらしき情報も無く、もうどっか行っちゃったんじゃねえの?と思っていた幸樹の視界に未尋らしき人物が映る。
近づいてみると、いつの間にか辺りに動物が沢山おり、いつからここは動物園になったんだろうか?と疑問を持つも、未尋が話しかけてきた。
「部活見学に行く予定だったんですが、どこからかみんな集まってきちゃって・・」
流石に犬探しどころの話じゃないなこれ。俺一人でどうにか対応できる規模を超えてるぞ。と思う幸樹。そういえば。と思い出した幸樹は未尋は動物に好かれやすい体質らしく、時々こうして絡まれていることがある。ということなのだが、今回は一段と大規模だ。と思う幸樹であった。そして幸樹は未尋を助けだしては、未尋が生徒会の仕事をしている犬探しの事を知り、私も手伝います。と未尋が言ってくれて、その動物に好かれやすい体質を使って目的の犬を見つけ出しては、学園の外までなんとか出すことに成功するのであった。

ちょいレビュー
未尋さんとの会話ですが、家の時とはまるで違う未尋さんが学園では見れたりもします。生徒会の仕事に熱心な幸樹くんを手伝ったり、ちょっとからかい方がやわらかくなった?とでも言うべきでしょうか。なんか優しいからかい方になってたりします。そしてちょっと幸樹くんとの会話が面白い。犬探しを手伝ってくれるということで、せっかくの貸しをジュースで返されるのも・・と渋ってもっと別の良いもので・・と言う未尋に、例えば?と聞く主人公に、そうですね・・・身体、とか。そういうと幸樹くんは、えっ・・・。や、やだ・・こんなところで未尋ったら大胆なんだから・・。と、この時点であまりの気持ち悪さである(ごめんなさい)変態青少年幸樹くんのテキストで吹きました。未尋は、ちなみに人体で一番高値で取引されているのは腎臓らしいですよ。と満面の笑みで返事をしたりと、こちらも抜かりないなぁとちょっと笑ってました。


bandicam 2016-01-04 23-43-41-503bandicam 2016-01-05 22-55-36-896
お魚ウイルス
生徒会室に呼び出された幸樹は何事か、と思い生徒会室に戻ってくるも、顔真っ青な岩隈先生がいた。事情を聞くとどうやら送られてきたメールにウイルスが仕込んであったみたいで、そのウイルスに感染してしまっては学園のネットワークを介して、全部のパソコンが感染してしまったらしい。色々試してみたけど駄目だったということで、誰か何とかしてくれる人はいないか。と悩んでいると、妹の兎亜の事を思い出した幸樹は、電話で呼んでみるとあっさりと来てくれた。面倒くさがると思ったのだけれど、珍しいこともあったもんだ。そう思う幸樹。
そして2分で解決してしまうという有能っぷりを発揮した兎亜を褒める幸樹であった。

ちょいレビュー
結局、ウイルスの正体はジョークソフト、つまりイタズラ目的で作られたもののようで、大きな害はないものでよかったなと思います。ウイルスと言えば最近は情報漏えいが多い・・と時報ネタに走ってしまいますが、まあこういう兎亜さんのような出来る人がいてこそ守られるものもあるのだと、改めて思いますね。問題も解決した後に選択肢があって「来てくれて助かった。」を選択すると、嬉しそうに微笑む兎亜が見れましたしハッピーハッピーエンドでした。しかし、この後、岩隈先生宛てに送られてきたウイルスに感染するきっかけとなったメールがまだ残っており、それが画面片隅に残っていたのを発見する幸樹くん。どこかで見覚えが・・・という所で、まだ残ってたんだ。と気づいた兎亜さんが消す。どこかで、見たような気がするんだが。そう意味深なセリフを残してこの一件を終えるのである。


bandicam 2016-01-04 23-45-05-375
洋食 宮瀬
生徒会の活動が終わり、洋食 宮瀬に来た俺たちを、未尋の両親の才さんとつばめさんが出迎えてくれた。
店内はなかなかの盛況っぷりで、相変わらず活気と笑顔に溢れている。未尋は着替えてくるといって、兎亜の生徒会入りを祝して、腕によりを掛けて作りますから!笑顔でそういった。お待たせしました。美少女一丁あがりです。ついでにお冷をどうぞ。と笑顔での接客をするも、エプロン姿に着替えた未尋にドキリとする幸樹であった。

ちょいレビュー
未尋さんは、兎亜の生徒会入りを祝して美味しい料理を作ったりと、そういう料理の才能も持っているわけですし、最初の二人の天才というタイトルに恥じぬ才ある美少女の二人である。ということが分かるのではないと思います。将来、とても良いお嫁さんになりそうですね。


bandicam 2016-01-05 23-20-55-725
bandicam 2016-01-06 00-26-37-223
手紙
放課後、いつものように投書の整理をしながら、兎亜に荷物検査のことを話して聞かせた。切り抜けられたのは奇跡だったと思いながら、今度もし同じようなことがあったら、上手く隠せる自信がない。そう思っていると背後から副会長のアーシェさんが、何の話をしているの?と話しかけてくる。
いや別に大した話じゃない。気にしないでくれ。と言うとそう?と不審そうな視線を向けてくる。大したことのない話ができるくらいだから、仕分けはもう終わったってことね。と明らかに終わってないであろう幸樹に意地悪をするアーシェ。
感心感心。じゃあ、今回収してきた投書は、全部鳴海くんに任せるわね。仕事が早くて助かるわ。そう笑顔で話してはドサリと投書の束をおいていった。
ぐ・・・。ぬかった。と思った幸樹は仕分けに集中しようとテンポよく仕分けをこなしていったのだが、ある投書の一行目を読んで、思わず手が止まる。
鳴海 幸樹さんへ、わたしは、アナタの秘密を知っています。
秘密・・?俺が持ってる秘密なんて、数える程もない。マンガの原作者であること。その一点だ。
かおるこに顔色が悪いよ?心配されては、大丈夫です。と答える幸樹。文面の続きには、生徒会が終わったらグラウンド横にある用具倉庫の裏に来るように書かれていた。会長のときと同じだ。俺に選択肢は無い。そう思って放課後になっては、指定された場所につき、用語倉庫の裏手に回る。長く伸びる影。それを追っていくと、柔らかな風邪に、制服のスカートがなびいていた。
その顔を見た瞬間、俺は虚を突かれた。投書の差出人。俺の秘密を知っているというその人物は・・・
「・・・・待ってたわよ、鳴海くん。」

ちょいレビュー
おかしいですね・・。何故副会長のアーシェさんが主人公である幸樹くんの秘密を知っているのでしょうか。メモ帳を読んだのは会長のかおるこさんのみだということで、それを本人が言ってるからには確実な事なんでしょうけれども・・。メモ帳からバレたという可能性を無くすとなると、おそらくあのパソコンに開かれていた見覚えのあるメールでしょうか。謎が深まり気になるところではあるんですが、体験版はここで終わりです。どうなんでしょうかね・・。アーシェさんのことですから、よほどの理由がない限り幸樹くんに酷い仕打ちしちゃいそうな感じがしますけど、まず秘密がばれてしまった原因から今後の展開色々と変わってくると思いますし、もしかしたらこの体験版の内容の中にもヒントが隠されているんじゃないかなとも思えます。ぐぬぬ・・・。



メニューに戻る


SD画


bandicam 2016-01-04 23-37-59-726
bandicam 2016-01-04 23-38-05-006
bandicam 2016-01-04 23-49-49-299
bandicam 2016-01-04 23-49-56-641
bandicam 2016-01-04 23-50-11-991
bandicam 2016-01-04 23-50-15-445

メニューに戻る


背景画


bandicam 2016-01-04 21-07-01-660
bandicam 2016-01-04 21-08-34-209
bandicam 2016-01-04 23-24-55-674
bandicam 2016-01-04 23-24-59-697
bandicam 2016-01-04 23-25-18-817
bandicam 2016-01-04 23-25-33-226
bandicam 2016-01-04 23-26-09-531
bandicam 2016-01-04 23-29-27-687
bandicam 2016-01-04 23-30-01-385
bandicam 2016-01-04 23-30-05-279
bandicam 2016-01-04 23-31-01-685
bandicam 2016-01-04 23-32-25-962
bandicam 2016-01-04 23-39-26-929
bandicam 2016-01-04 23-48-43-408
bandicam 2016-01-04 23-49-03-973
bandicam 2016-01-04 23-52-01-854

メニューに戻る


Hシーン


ありません。
修正しましたが、2015年12月25日配布のHシーン入り配布限定体験版ダウンロードカードにて、会長である、かおるこさんのHシーンのある体験版がプレイできるそうです。僕は手に入れてないので、Hシーンなしの体験版となってしまいましたが・・。詳細は公式サイトにて。
公式サイト ワガママハイスペック

他のサンプルCGはこちら。
公式サイト ワガママハイスペック

メニューに戻る


感想


Hシーン
体験版でのHシーンはありませんので、公式サイトをご覧ください。
ツイッターで教えてもらって初めて気づいたのですが、Hシーンのある体験版が2015年12月25日にダウンロードカードにて配布されていたそうですので、修正しました。公式サイトにも書いてありましたね。ワガママハイスペック


ストーリー
ストーリーで理解しにくい所はなかったかなと思います。週刊誌で連載を持つマンガ原作者である主人公は、それを学園内で秘密にしていたというのに、それがうっかり自分の不注意で生徒会長にバレてしまっては、マンガの事はナイショにする代わりに、という約束で生徒会のメンバーとなり、生徒会でのハーレム学園生活を愉しんでいくというものになっております。今のところ全体的なストーリー含めメインキャラクター達の主な傾向としては萌えゲーであり、スリリングな展開のあるストーリーなのかな。と思いますね。主にスリリングな展開を作り出すにあたって、それが主人公である幸樹くんのマンガ原作者であるという事実が、今後のストーリーでちょっとした緊張感溢れるものになるんじゃないかなという個人的な予想です。そして萌えゲーと言う理由は、もはやちょこっとエピソードを見てもらった方には説明するまでもないと思いますが、いますぐ嫁にいっても大丈夫なんじゃないだろうかと思えるような女の子達が多く、それらは魅力的であります。理解力のあるマイペースおっとり生徒会長だったり、クールで面倒くさがりで時々冷たい態度をするけれど、大事な場面では助けてくれたり頼りがいのある可愛い妹だったり、主人公以外、他の生徒には見せない本音をぶつけ合ったりして、所々ドジったりするツンデレ副会長だったり、やる気の無さNo.1だけれど、やる時はきちんとやる才能溢れ料理が上手で時々、優しく接してくれる毒舌美少女だったり。なかなかいい女の子達が揃っております故、萌えゲー要素もあると思いました。
テキストに関しましては下に固定で、黒とグレーのグラデーションみたいな感じの文字色ですね。色は変えられないです。所々妙な複線を張って行く感じで度々、ストーリーが変わっていったりもするのかな、とさえ体験版をプレイして思います。
ゲームの操作性は特に問題なく、いつものテキスト設定だったり音量設定はきちんと反映されます。そして無事体験版を終えることが出来ました。はたして副会長に何を言われるのか気になりますけれど、発売日が2016/4/28ということで三ヶ月以上待たなければならないという苦痛です。それにしても背景の描き込みとか凄まじかったな・・と後になって思います。そして終わり方がうまい・・というか気になる終わり方で、個人的にはこういう終わり方もいいな。と思いました。



以上で感想を終わります。ありがとうございました。
もしよろしければ、お手数をおかけしますが、最後に1クリックお願いします。(下のFC2バナー)


メニューに戻る


Twitter公式アカウントor関係者




メニューに戻る


ゲーム購入リンク




DMM.com



メニューに戻る



関連記事
コメントの投稿
非公開コメント

相互RSS
検索フォーム
最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
RSSリンクの表示
お勧めのエロゲレビュー、攻略ブログ。
EroticGamingZone
同人含む各エロゲーメーカーのタイトルを綺麗にまとめて、できるだけ見やすいように工夫している攻略ブログ。

GameLeader
一般、エロゲ、乙女、BL、攻略ブログなど、多数の感想、攻略記事を一まとめに掲載し、お望みのタイトルについて知りたい事があるならば、まずここに。
その他感想・レビューブログ
酒とエロ漫画の日々。 2016/5/7・・・成人向けエロ漫画(雑誌)関連の感想・レビュー記事投稿数は2300件超え。新刊のエロ漫画のレビューも多め。その一つ一つの記事が1500字を超える長文でありながら更新頻度はほぼ毎日というこれ以上のエロ漫画感想ブログは見た事がないというレベルの成人向けエロ漫画(雑誌)感想ブログ。
お問い合わせ
閲覧数

アクセスランキング
[ジャンルランキング]
アダルト
4211位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
画像
479位
アクセスランキングを見る>>
最新コメント
リンク
QRコード
QR
広告
同人誌、同人ゲーム、同人ソフトのダウンロードショップ - DLsite.com
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。